長野県警 (28レス)
1-

1 2019/09/16(月) 00:03:06.33
不祥事の温床
2 2019/09/16(月) 00:05:08.92
長野県警の非常勤職員が盗撮か。発表せず。商業施設などで女性に後ろから近づき、手に持ったスマホでスカートの中を動画で撮影

県警察本部の男性非常勤職員が、去年からことしにかけて女性のスカートの中を盗撮したとして、県の迷惑防止条例違反の疑いで書類送検されていました。
県警察本部は、書類送検したことなどを発表していませんでした。

https://blog.goo.ne.jp/jp280/e/0d2280b1ee4f30630e795ae144c88fd8
3 2019/09/16(月) 00:06:31.99
長野県警の警官が、飲酒運転見逃して書類送検。運転手から「酒を飲んで運転した」などの申し出があったのに
https://blog.goo.ne.jp/jp280/e/d8e93c1f2360c2a49be1693aff0805a1
4 2019/09/16(月) 00:10:16.70
県警の女性職員にセクハラ行為をしたとして、県警が男性警部補(41)を減給10分の1(1カ月)の懲戒処分にしていたことが、県警への取材で分かった。処分は11月26日付。男性警部補は同日付で依願退職した。県警は処分を公表していなかった。

 県警によると、男性警部補は警察署に所属。今年4月、同僚らとの私的な飲み会からの帰宅途中、女性職員の体を触るなどのセクハラ行為をした。女性職員が9月に上司に相談して発覚した。

 県警監察課は「再発防止に向け、職員の指導を徹底する」としている。処分を公表しなかったことについて「警察庁の基準を基に、発表事案でないと判断した」とした。
5 2019/09/16(月) 00:11:46.07
>>2
>>3
>>4
不祥事は公表しない体質です(^-^)v
6 2019/09/16(月) 00:34:44.13
県警警官が4回の痴漢疑い 書類送検 停職3カ月
http://koumuin-fusyoji.doorblog.jp/archives/53664864.html
 県警は2日、県警本部に勤務する男性巡査部長(31)が、2016年10月から今年6月にかけて計4回、県内の路上などで10代女性の尻を触る痴漢行為を繰り返していたと発表した。
県警は同日、県迷惑防止条例違反(卑わいな行為)の疑いで男性巡査部長の書類を長野地検に送り、停職3カ月の懲戒処分とした。
男性巡査部長は同日付で依願退職した。

 県警は、懲戒処分に関する指針や被害者のプライバシーの保護などを理由に、元巡査部長の名前や所属、被害女性の居住地などを明らかにしていない。

 県警監察課によると、送検容疑は16年10月25日と17年5月14日、今年6月16日の勤務時間外に、北信や南信、中信地方の路上などで、面識のない10代女性計4人の尻を衣類の上から触った疑い。
6月16日に被害関係者から県警に通報があり、捜査の中で元巡査部長が浮上、県警が任意で調べてきた。元巡査部長は容疑を認め、「申し訳なかった」と話しているという。

 県警の清水宏光首席監察官は「被害者、そのご家族、県民に深くおわび申し上げる。警察官がこのような事案を起こしたことは誠に遺憾」とのコメントを出した。

ふざけるなよ低学歴の集まり長野県警

Rock54: Caution(BBR-MD5:f2c519fe5384e767e1c9e99abdcfc293)
7 2019/09/16(月) 07:00:40.20
長野県警は春の全国交通安全運動期間中などに乗用車を運転して50〜60キロ超の速度違反をしたとして、警部補(58)と巡査(24)の2人を戒告処分としていたことが29日、県警への取材で分かった。

 県警監察課によると、警部補は5月8日、県内の高速自動車道で制限速度を63キロオーバーする時速143キロで走行した。処分は7月9日付。
巡査は5月11〜20日に実施された春の全国交通安全運動期間中の16日、県内の高速自動車道で制限速度を55キロオーバーする時速135キロで走った。処分は9月3日付。

 2人はいずれも休暇中で、実家に帰省する途中に摘発された。監察課は「交通ルールを守るべき警察官としてあってはならないこと。
引き続き職員の意識を徹底させていく」としている。
8 2019/09/16(月) 07:17:09.98
2015年に懲戒処分を受けた全国の警察官ら警察職員293人のうち
99人について、窃盗や強制わいせつなど法令違反の疑いがあるにもかかわらず
警察側が処分時に報道発表していなかったことが2日
毎日新聞の情報公開請求と全国の警察への取材で分かった。
各地の警察は警察庁の指針を基に、「報道発表の必要はないと判断した」と説明。
専門家は「警察の不祥事はより透明性が求められ、公表すべきだった」と指摘している。

犯罪者組織
9 通信指令課 小池と岩下の対応が最悪 2019/09/16(月) 08:57:26.81
佐久市内の飲食店で客に暴力を振るってけがを負わせたとして、佐久署は6日、県警機動捜査隊総務係長の警部補、中沢勝之容疑者(57)=長野市松代町西条=を傷害の疑いで逮捕した。
県警によると、中沢容疑者は当時酒に酔っていて、調べに「防御のためにやった」などと話し、容疑を否認しているという。

 県警監察課によると、逮捕容疑は5日午後10時40分ごろ、佐久市内の飲食店の出入り口付近で、経営者の30代女性に入店を断られて激高、
店に居合わせ2人の間に割って入った会社員の男性客(47)に腰や腹を蹴るなど暴行を加え、約3日間の安静治療が必要なけがを負わせた疑い。
中沢容疑者はこの日、非番だった。

 同課や佐久署によると、中沢容疑者は昨年9月まで同署刑事課に勤務。佐久市に自宅があり、以前から店に通っていて経営者の女性とトラブルになり、入店を拒否されていた。
けがをさせた男性客とも面識があった。女性が佐久署に通報し、6日になって本人が同署に出頭、逮捕された。

 中沢容疑者は過去にも、プライベートで警察官としての信用失墜行為があったとして口頭指導を受けたことがあるという。
堀内明彦首席監察官は「被害に遭われた方、県民の皆さまに心からおわび申し上げます。捜査の結果を踏まえ、厳正に対処します」とコメントした。

 同課によると、県警の現職警察官の逮捕は、2012年に松本署と須坂署の巡査部長2人が、車両使用者の個人情報を漏らしたなどとして愛知県警に地方公務員法違反などの疑いで逮捕されて以来。
10 通信指令課 小池と岩下の対応が最悪 2019/09/17(火) 06:18:15.74
 県警は29日、本部警備1課の互助会費を着服したとして、軽井沢署警備課長、小林和隆警部(47)を減給10分の1・6カ月の懲戒処分とした。小林警部は同日、依願退職した。

 県警監察課によると、互助会費は月5000円を課員の給料から天引きし、新聞や飲み物などの購入費に充てている。会費の管理を担当していた小林警部は2013年4月10日、会費用の銀行口座から19万円相当を着服。
11 通信指令課 小池と岩下の対応が最悪 2019/09/17(火) 15:37:20.97
 長野県内の交番に勤務する男性巡査(21)が、交番の同僚から集めた互助会的な「交番費」から約6万円を盗んだとして、県警が減給100分の10(6か月)の懲戒処分にしていたことが22日、県警監察課への取材で分かった。

 処分は昨年12月18日付。巡査は同日付で依願退職した。

 交番費は、勤務する約10人が月1000円程度の金を出し合い、コーヒーや菓子類の購入に充てていた。

 監察課によると、巡査は昨年8〜9月の3回にわたり、保管してあったキャビネットの引き出しから盗んだ。「パチンコなどの遊興費や生活費に使った」と認めているという。
12 通信指令課 小池と岩下の対応が最悪 2019/09/18(水) 06:59:19.82
警察官舎で入居者から集めた水道料金のうち、計約40万円を横領したとして、長野県警が男性巡査長(29)を減給10%(3か月)の懲戒処分にしていたことが23日、県警への取材でわかった。

 処分は8月21日付。巡査長は同日、依願退職した。県警は、横領容疑での立件を見送った。

 県警監察課によると、巡査長が入居していた官舎は水道料金を官舎全体で支払っている。
巡査長は昨年2月、官舎に入居している約40世帯から水道料金を集金する担当になり、昨年6月、金の一部を着服し始めた。

 今年6月、水道局から巡査長が勤務していた警察署に8か月分(計約87万円)の水道料金が納められていないと相談があり、発覚した。
調査に対し、巡査長は「生活費に使った。いつか返せばいいと思っていた」などと横領を認めた。
巡査長は、滞納していた水道料金を全額納付し、横領金も返済したという。

 県警は横領容疑で捜査したが、巡査長が帳簿などを作ってないことから詳しい横領額を特定できなかったことや、官舎の入居者から被害届が出ていないことから立件しなかった。

 同課は、処分を公表しなかった理由として、「警察庁の指針に従い、公表しなかった」としている
13 通信指令課 小池と岩下の対応が最悪 2019/09/18(水) 22:25:18.75
長野県警の男性警察官2人が昨年、女性警察官の体を触るなどのセクハラ行為をしたとして減給の懲戒処分を受けていたことが10日までに、分かった。

 県警では、警察学校の男性教官が、以前指導した複数の女性警察官を自宅に呼んでセクハラ行為を繰り返していたとして、今年8月に停職1か月の懲戒処分を受けていたことが判明したばかり。

 県警監察課によると、2人は、警察署の40歳代の巡査部長と、県警本部の30歳代の警部補。
それぞれ、昨年2月に減給10分の1(6か月)、3月に同(1か月)の処分を受けた。
所属と階級は処分当時。

 巡査部長は一昨年の4月下旬、当直勤務時、20歳代の女性警察官に肩をもませるなどのマッサージをさせた後、「お礼にマッサージをしてやる」などと言って体を触った。
警部補は応援捜査で出向いた警察署で、一緒に事件を捜査していた20歳代の女性警察官を食事に誘い、手を握ったり肩を抱きしめたりした。

 巡査部長は勤務時間中のため処分が重かった。2人ともセクハラ行為を認めているという。
監察課は「被害を受けた女性警察官のプライバシー保護のため公表しなかった」としている。
14 通信指令課 小池と岩下の対応が最悪 2019/09/20(金) 20:30:51.80
長野県警が、女性警察官にセクハラ行為をしたとして警察学校で教官を務めていた40代の男性警部補を停職1カ月の懲戒処分にしていたことが9日、県警への取材で分かった。処分は8月21日付で警部補は同日、依願退職した。

 県警によると、警部補は教官だった昨年夏から今年春にかけ、過去に学校で教えていた複数の女性警察官を別々に食事に誘い、その場で体を触るなどした。4月に被害に遭った女性警察官が上司に相談し、発覚した。

 県警は「被害に遭った女性の保護のため」との理由で、今回の処分を発表しなかった。
15 2019/09/20(金) 21:36:21.23
警察官への苦情は警察本部監察課へ
16 2019/09/21(土) 21:13:41.66
詐取の京都府警巡査長を懲戒免職 高齢者から1千万円(共同通信) - Yahoo!ニュース
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190705-00000078-kyodonews-soci

京都府警は5日、特殊詐欺対策の一環で知り得た情報を悪用し、高齢男性から現金1110万円をだまし取ったとして、詐欺罪で起訴された山科署巡査長の高橋龍嗣被告(38)を懲戒免職処分にすることを決めた。
17 2019/09/23(月) 10:35:42.25
 長野県警の捜査員が捜査用に使っていたノートを紛失し、そのノートやコピーが暴力団関係者に渡っていたことが分かった。

 今月4日、暴力団関係者から「自宅の郵便受けに警察官が書いたと思われるノートのコピーが投函(とうかん)されている」と通報があった。

 警察によると、長野県警飯田警察署刑事課の巡査長(31)が紛失したノートのコピーで、捜査で得た個人情報が書かれていた。

 また、ノート自体は別の暴力団関係者が持っていたことが分かり、警察が回収した。警察は、ノートやコピーが暴力団関係者に渡った経緯を調べている。
18 2019/09/25(水) 15:12:30.67
警察官への苦情は警察本部監察課へ
19 2019/09/30(月) 10:39:54.01
◇証拠隠滅、虚偽有印公文書作成・同行使容疑で
 飲酒運転の疑いで男性運転手を書類送検する際、証拠の飲酒検知管をすり替えて偽造したとして、
長野県警は24日、県警千曲署の交通課長だった小林達男警部(52)と同課員だった警部補(39)、29歳と28歳の巡査長2人の計4人を証拠隠滅、虚偽有印公文書作成・同行使容疑で長野地検に書類送検した。

県警は同日、4人を停職3カ月などの懲戒処分とし、4人は退職した。

 容疑は昨年8月、同県千曲市の路上で男性の呼気アルコール濃度を測った際、ガラス製の飲酒検知管にひびが入ったため、共謀して基準値以上の値を示した別の検知管を偽造、送検したなどとしている。
小林警部が偽造を指示したといい、4人とも容疑を認めている。

 男性は罰金刑が確定。長野地検は再審請求するかどうかについて「捜査中なのでコメントは差し控える」としている。
20 2019/10/04(金) 08:02:49.65
 強制わいせつ致傷罪や強盗罪などに問われた長野県警千曲署の元巡査長河原裕介被告(35)は17日、長野地裁(高木順子裁判長)の裁判員裁判初公判で「間違いありません」と起訴内容を認めた。

 検察側は冒頭陳述で「上司との人間関係でのストレスを解消するために事件を繰り返した」と指摘した。弁護側は「反省しており、連絡先がわかる被害者全てと示談が成立した」として情状と量刑を争う姿勢を示した。

 起訴状によると、4月7日、女性を脅して左胸を強くもみ、約2週間のけがを負わせたほか、同月14日、首を押さえるなどして別の女性から下着を奪ったなどとしている。
21 2019/10/08(火) 11:50:33.58
 23日午後1時45分ごろ、飯田市上郷別府の市道交差点で、警ら中の飯田署地域課、西沢睦警部補(57)運転のパトカーと、左から来た松川町元大島、無職、小島富嘉さん(77)の軽乗用車が出合い頭に衝突した。

この事故で、小島さんが脳内出血と首の骨を折り、助手席に乗っていた夫武さん(82)も胸の骨を折る重傷を負った。西沢警部補と同乗していた同署の男性巡査2人にけがはなかった。

 飯田署によると、現場は信号機の無い交差点で、小島さん側に一時停止の標識があった。パトカーは赤色灯を点灯していが、サイレンは鳴らしていなかった。
22 2019/10/14(月) 17:41:01.71
普段仕事してないんだから災害の時くらい不眠不休で働けwww
23 2019/10/15(火) 12:52:56.82
大規模災害が発生しているというのに、呑気に時間帯侵入禁止の取り締まりをやってる警察署があるらしい
もっとやるべき事があるだろうが!この役立たず!
24 2019/10/15(火) 13:55:16.86
>>23
和田交番の低学歴警官じゃね
25 2019/10/15(火) 16:02:16.57
>>24
違うよ〜
南信に近い中信の某署
千曲川の災害はどうでもいいらしいわ
メインの道(旧街道で細い)は直進進入禁止なのに、脇道からの進入はオッケーとかいうクソルールを採用している
腹の虫が治まらんわ
26 2019/10/16(水) 01:13:34.77
捕まった腹癒せかよw
27 2019/10/16(水) 10:24:19.08
警察活動等に対する苦情、意見、要望等の受付

長野県警察本部監察課
* 〒380-8510長野市大字南長野字幅下692-2
* 電話:026-233-0110(代)
28 2019/11/25(月) 19:11:52.26
何千人の首が飛ぶかな
1-
スレ情報 赤レス抽出 画像レス抽出 歴の未読スレ AAサムネイル

ぬこの手 ぬこTOP 0.418s*