今時の研究 (6レス)
1-

1 2013/07/03(水) 11:18:57
1637年に有田を追われた一族の現在です。
2 もっこす 2013/07/03(水) 11:34:07
1637年に有田を突然追われたご先祖様たちはどう考え動いたか。
我が家のご先祖はうまく細川家に仕官できた。
名前が熊本では藤原氏流れの一族と知られていたからだろう。
言葉も唐津弁は熊本肥後弁とコ酷似していた。
女房殿には「佐世保から来た」と誤魔化していたが。
まさか、有田を追放された陶工だとはいえなかったろう。
これは、一族の他家にも共通する事情である。
ところが、陶工の血は隠せない。子孫に才能として受け継がれている。
尽く美術の才能に秀でている。
名前と才能が追放された一族の現在を知る指標となる。
3 もっこす 2013/07/03(水) 11:44:22
//www47.tok2.com/home/yakimono/honoo/02-01.htm
この追放された時点で、我が一族はうじゃうじゃいたらしい。
珍しくなかった。身についた人が全員一族状態なのだから。
今も、有田町はそういう状態だ。
おまけに、窯元同士婚姻をした結果、窯元は親族同士なのだ。(・_・;)
4 もっこす 2013/07/03(水) 14:03:01
>>2
http://www.shinshindoh.com/00-samurai.htm
これが、細川家侍帳ね。
同じ名前はない。
細川家が家臣を募集したのは、1632年、1637年の二度だけだ。
加増されたのだから募集し、島原の乱で家臣が戦死したから募集した。
なお、現在では戦国時代の終わりの事件が島原の乱とされている。
徳川幕府体制下では、石高に応じて家臣数が決められていた。
だから、廃藩置県の時、卒族問題がおこっても伊達、細川の二藩は足軽も武士と認められた。
常勤の実態があったからである。
江戸時代、普通の藩は足軽などは臨時雇いで済ませていた。
足軽は典型的な身分的周縁であり、色んな階層がいた。
改易された佐々正成の子孫も細川家の足軽になっている。
明治になって、済々黌を創立した。
5 もっこす ◆issCdUklS2 2014/12/25(木) 04:36:13
訂正しておく。
「佐世保から来た」は嘘ではなかった。
有田に隣接して「佐世保三川内」というところがあった。
古窯跡もある。
ここが先祖の地だろう。
1-
あと 1 レスあります
スレ情報 赤レス抽出 画像レス抽出 歴の未読スレ AAサムネイル

ぬこの手 ぬこTOP 0.047s*